交通事故を起こした時の正しい行動や被害者と連絡がとれない場合の対処法について

ドライバーは安全運転を第一に考えてハンドルを握ることが重要ですが、どんなに注意しても交通事故を起こしてしまう可能性は否定できません。万が一、事故の当事者になった場合は速やかに対処する必要があります。後になってから大きなトラブルに見舞われるのを避けるためにも、交通事故を起こした際に行うことを学びましょう。

速やかに警察へ連絡する

交通事故は車がひどく破損している、轢かれた人が出血や骨折を伴う怪我を負っているなどのイメージがあります。そのような事故も少なくありませんが、交通事故に被害の程度は関係ありません。車体にわずかな傷が生じるほどの接触でも交通事故に含まれます。

万が一、交通事故を起こしたら被害の程度を問わず、速やかに警察へ連絡しなければいけません。道路交通法によって警察への事故報告義務が定められているためです。また、被害者への救護措置義務や車両の運転停止義務、新たな事故の発生を防ぐための危険防止措置義務も発生します。

どのような理由があってもこれらの義務を怠ってはいけません。事故現場から立ち去ったり、警察に連絡せずに放置すると厳罰の対象になります。

交通事故の被害者が損をしないために!保険会社などへの報告や病院に行くこと!

警察が事故を認識しなければ自動車保険による補償が受けられない

交通事故を起こしたら警察への連絡が必須ですが、これは法律で決まっている他に自動車保険の補償が関係しています。自動車保険は交通事故を起こした際、加害者に代わって金銭の補償を行うサービスです。特に対人賠償は補償額が億単位になることも珍しくないため、一般的な社会人の収入では到底、支払うことができません。

そのため、自動車保険への加入はドライバーの責務とも言えますが、保険金を請求するには警察が発行する交通事故証明書が必要です。警察に交通事故の連絡をしなければ証明書は発行されないので、どんなに大きな事故であっても保険会社からの補償は受けられないのです。

高額な補償を自腹で支払うことになるので、必ず事故の連絡をしなければいけません。

被害者の心情を理解することが加害者の務め

交通事故を起こした場合、金銭による補償はもちろん必要ですが、それ以外に謝罪の気持ちを伝えることも重要と言えるでしょう。交通事故は起こした側に大きな非があるので謝罪するのは当然というイメージがありますが、保険会社によっては支払い金額の交渉の妨げになるとの理由で、加害者が謝罪することに否定的な所もあります。

しかし、金銭による補償だけではなく、過ちで被害者に多大な迷惑をかけてしまったことを詫びることも社会人としてのマナーです。保険会社に確認し、交渉の妨げにならないと認められたら謝罪に赴くのが加害者に求められる姿勢と言えるでしょう。

直接会って頭を下げるのが最善ですが、被害者が面会を拒否した場合は無理強いしてはいけません。手紙を記すなど対面せずに謝罪するなど、お詫びの気持ちを示すように心がけます。自分をひどい目に遭わせた加害者の顔など見たくないと思うのも仕方のないことなので、被害者の気持ちを尊重することが大切です。

謝罪の手紙を記す際も押しつけがましい文面ではなく、あくまでも交通事故を起こした自身の非を素直に認め、お詫びする内容に留めます。決して言い訳をしたり、補償金の金額について触れてはいけません。余計な装飾語も使わず、自分の気持ちを正確に記すのがマナーです。

交通事故の被害者が半年後に症状が悪化したと言ってきた!どのようにするのがベター?

被害者の親族に連絡する際の注意点

被害者本人と連絡がとれない場合、親族に謝罪の気持ちを伝える方法もあります。被害者も他の人を介してなら加害者の言い分を聞いてくれることがありますが、他の人を間に挟んで気持ちを伝える場合、相手側に正しく伝わらない可能性があることを注意しなければいけません。

言い回しなどが変化すると本来とは異なる意味で伝わってしまうことがあるためです。手紙を受け取ってくれないなど他に気持ちを伝える方法がない場合はやむを得ませんが、親族であっても他の人に連絡するのはできるだけ避けるのが賢明でしょう。

お詫びの品の扱い方について

被害者へ謝罪する際、手ぶらでは失礼だからとお詫びの品を持参する人がいます。しかし、交通事故の場合は保険による補償が関係するため、お詫びの品を渡すのは金銭の受け渡しと同様の行為として扱われる可能性は否定できません。

後のトラブルを避ける意味でも謝罪の挨拶に出向く際はお詫びの品は持参しないのが無難でしょう。加害者本人による謝罪の言葉と、事故を起こしたことへのお詫びの気持ちを記した手紙を渡すのが正しい謝り方になります。

どうしてもお詫びの品を持参するなら菓子折りなど、古くから挨拶のお供として用いられている贈答品を用いるのが無難です。その際、派手な色合いの物は避けるのもマナーの一つです。

自動車事故に見舞われた時はどうする?被害者が取るべき行動や注意点

交通事故を起こさないための心得

交通事故は車を運転する人なら絶対に避けなければいけないトラブルです。被害者に多大な迷惑をかける他、加害者自身も自動車保険の等級が下がる、免許の違反点数が加算されるなどデメリットしかありません。

交通事故の多くは加害者側の注意不足で起こるので、日頃から安全運転を徹底することが効果的な予防策と言えます。信号や標識を守り、常に周囲の安全に気を配ることを忘れてはいけません。特に視界が狭い所はどこから人が出てくるか分からないので、標識にある速度よりも低速で走ることも重要なポイントと言えるでしょう。

車同士の事故の場合、自分がどんなに注意しても向こうからぶつかってくる可能性があります。そのため、周りの状況には細心の注意を払うことを心がけます。車両のメンテナンスも交通事故を防ぐのに必須な行為です。ブレーキが利かない、ハンドルが正しく動かないなどの理由で大きな事故を起こすケースも少なくありません。

特にタイヤの状態が悪いと事故のリスクが増大するので、溝の減り具合には常に気を配ることが重要と言えるでしょう。雨水や雪によって路面のコンディションが悪くなると車の制御が難しくなるので、運転の際は路面にも十分に注意します。

一日の気温差が激しい季節は路面のコンディションも変化しやすいので油断してはいけません。

被害者への労わりの気持ちが第一

交通事故を起こすと動揺してしまいますが、それでも慌てず冷静になって対処することが大切です。法律で定められた義務を果たすと共に、被害者への謝罪を行うことが社会人としての正しい姿と言えます。被害者と連絡がとれないこともありますが、諦めずに粘り強く謝罪の気持ちを伝えるように心がけます。

一方で日会社の心情を理解し、労わりの気持ちを持って接することを忘れてはいけません。